2006年02月17日

名前の由来など

管理人雑記 ⇒ この記事

ブログを細々とカスタマイズしたついでに、管理人雑記のカテゴリもつくってみました。

「くみーる」も「ひむりーる」も、ゲームのキャラクターの名前であって
管理人のハンドルネームは別にあったりします。

で、ゲームをしていると、良く「がまにん弾って何?」とか「ひむりーるって何の名前?」
とか聞かれたりしますので、プロフィールも兼ねた名前の由来などを。私がつける名前は、たいてい草野心平の詩からとっています。

草野心平(1903-88)は、昭和を代表する詩人の一人です。独特の宇宙的感覚と多彩な技巧によって、存在の愛(かな)しさをうたいつづけた詩人です。
(岩波文庫草野心平詩集カバー折り返しより)
蛙を題材にした詩を多く残している人で、「大百階級」「定本 蛙」「第四の蛙」
などの詩集があります。

高校生の時に草野心平の詩集を読んでズガーンと衝撃を受けてから、なんか心の師匠みたいに
なってます。どんな詩かは読んでもらうのが一番いいのですが(・ω・)。
前置きが長くなりましたが、由来です。

■がまにん弾
…本当は「ガマニン弾」が正しいです。蛙たちが使う、蛇を倒すための兵器らしいです。

■ひむりーる
…偶然生まれた白い蛙(アルビノ?)。ひむりーるの存在は蛙たちを動揺させて、
ひむりーるは悲しみと孤独に沈んでいきます。
最後には人間の手によって捕らえられ、国立博物館のガラス瓶の中にはいります。
『プルシャン・ブルーのアルコールに漬って。 青い液体に。 独り白く。』
キャラのひむりーるは黒いんですけどね(^^;

■くみーる
…これがちょっと覚えてないんですよー(’’; 詩集をぱらぱら見てて思いついた
んだとおもうんですが。草野心平語の「くみいる」からかなー?

■ぱっぷくどん
…「ばっぷくどん」という名前の蛙の詩から頂きました。
死を覚悟して、生還した時目に映る景色のなんとすばらしいことか。
『ばっぷく。ばっぷく。ばっぷくどんの両眼に海の碧と雲とが映る。』
ちょっと可愛く、「ば」を「ぱ」にしてみました。ペットの熊の名前です。

■るとーる、せりを、(るてーる)
…「ごびらっふの独白」から頂きました。これは蛙語で書かれているので
一部紹介します。

『るてえる びる もれとりり がいく。
ぐう であとびん むはありんく るてえる。
けえる さみんだ げらげれんで。
くろおむ てやらあ ろん るるむ かみ う りりうむ。』

日本語訳:
『幸福というふものはたわいなくつていいものだ。
おれはいま土のなかの靄のやうな幸福につつまれてゐる。
地上の夏の大歓喜の。
夜ひる眠らない馬力のはてに暗闇のなかの世界がくる。』

…とずーっと続いていくのですが、この詩を日本語訳と読み合わせておそらくこれだろう
という単語を拾いまして、

るとーる…るとうる(平凡)サードキャラの名前。倉庫キャラなんですけど(^^;
せりを… せりを(素直) ワンドの精霊の名前。
るてーる…るてえる(幸福)普段はこちらがサードキャラの名前なんですが、先にフォズさんの精霊キャラの名前に命名させてもらっちゃいました(・ω・)

となっています。

うう、長くなってしまった。草野心平を語らせると長い私でした.
興味をもたれた方は是非、草野心平の詩を読んでみてください。ではーヾ(・ω・)ノシ
 
posted by ひむりーる at 03:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 管理人雑記
この記事へのコメント
なるほど。ひむさんの名前字面がかわいいなと思っていたのですがそんな由来が…。
普段詩集なんて読まないのですが、思わず図書館で探してしまいましたよ。

「くみーる」は『第四の蛙』の中の『エレジー あるもりあおがえるのこと』という詩に登場しておりました。やっぱり死んじゃっていましたが…(´・ω・`)

『あいつはあの時。
つぶやくように言ったっけ。
美しいわ。
と。
たった一と言。』
ってやつですね。

小さい頃見たときはよくわかりませんでしたが、改めて見ると日本語の音やひらがな等の字面って綺麗なんだなぁと感じられました。
Posted by Jadeite at 2006年02月20日 20:41

ジェダイさん>

おおおお思い出しましたーっ
まさにそれです!(手持ちの詩集の中にはいってないんですよ;;
ありがとうございました〜
うーん私も久しぶりにみたい・・・
Posted by ひむ at 2006年02月21日 14:32

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。